お問い合わせはこちら上記がつながらない場合は054-266-5276へ
営業時間:10:00~21:00 | 定休日:不定休
メールでのお問い合わせ電話番号

壁にギターを掛けるには・・・

category: ブログ

こんにちは。

 

長年の夢(?)として、壁にギターを掛けたい!というのがありました。

最初は石膏ボードにボードアンカーを打ち、吊り具を設置しようと思ったのですが、私は部屋の模様替えが好きで、頻繁に家具の位置を替えたりしているので、比較的壁にダメージが少ない方法を取ろうと考えました。

または、楽器屋さんみたいに天井まで突っ張るシェルフを設置して、そこに吊り具を掛けることも考えましたが、こちらはお金がかかりすぎるのと、部屋に圧迫感を与えるので却下。

 

色々調べていたのですが、「壁美人・ギターヒーロー」というものが良さげでしたので、購入してみました。

Amazonで2611円。

これは画期的な商品で、どういう仕組みになっているかというと、専用のホッチキス芯で壁にとめるだけ。

そう、ホッチキスで壁にとめるだけ。

確かに壁にはダメージが少ないのですが・・・

・・・大丈夫かな?

 

私も半信半疑でしたが、とりあえず設置までを順に追ってみましょう。すごく簡単です。

箱を開けると、この3点が出てきます。

本体、専用芯とプラスチック製の透明カバーが入った袋、

そして「カッコよくギターを飾った写真やインスタを載せれば、専用芯とカバーを送るぜ!(意訳)」と書いた紙。

で、本体の格子部分にプラスチックカバーを被せ、その上から専用の芯でバシバシとホッチキスをしていくわけです。

 

芯ですが、専用の芯を使わないと駄目みたいです。

左が一般的なホッチキスの芯、右が専用芯。右の方が明らかに強度がありそうな感じです。

専用芯を使わないと錆びます」という注意書きもありました。

ここはおとなしく専用芯を使っておきましょう。

 

ホッチキスですが、180度開いた形で壁に打ち込んでいきますので、広がらなかったり、写真下のような芯が露出しているタイプのホッチキス(カバーがかからないもの)は使用できません。

わからない場合は、180度開いた状態で紙などに試し打ちしてみるといいでしょう。

 

施工方法ですが、壁にホッチキスを打つだけですから、誰でも簡単にできます。

が・・・

ちょっと丁寧に施工してみたので、よかったら参考にしてください。

まず位置決めをします。写真の中央に薄く縦筋が入ってるのがわかりますでしょうか?

これはクロスの境目(ジョイント)で、これにまたがって設置するのは避けました。

特に注意書きには指定されていなかったのですが、本体を取り外した時に問題が起こりそうな気(ジョイントからクロスが剥がれてしまったり・・・)がしたので。

 

設置場所が決まったら水平器でレベルを見て、角を鉛筆でなぞります。

水平器はホームセンターで売っています。無ければ目視で。

 

あとはプラスチックカバーを格子にかぶせ、専用芯を入れたホッチキスで打ち込んでいくだけですが、打ち込み方に結構コツが要ります。

ゆっくりとホッチキスの打つ位置を決め、一気に力を加える感じで。焦ると芯が折れて入りません。

 

ハンガーの部分は樹脂でできていますので、上記写真のようなギターハンガー用カバーを買ったほうが良いかと思います。そのままギターを掛けると、樹脂が溶けてネックに移る可能性があります。

 

設置前(左)と設置後(右)です。

ギターを取るのに苦でなければ、写真のようにカーテンレールの位置と合うように設置すると、よりスッキリした印象が出るかと思います。

なんか寂しい感じ・・・もう2台ほどつけるスペースがあるので、様子を見て増やしていこうかと考えています。

 

使用感ですが、快適です。

私は生徒さんのレッスン中、立ったり座ったりしながら教えているのですが、立ってる時サッと取って弾けるのが実に良いです。

従来のギタースタンドでも別に問題ないだろ、と思いますが、結構ギタースタンドって場所を取るんです。

物に当たったり、足が当たって蹴飛ばしてしまったり・・・私の注意が足りないのかもしれませんが。

なによりお部屋を広く使うことができるのが良いですね。インテリアにもなります。

 

また、強度に関してですが、設置から2週間以上経過し、今のところ全く問題ありません。

(貴重・高価なギターは様子を見ながら掛けたほうが良いかもしれません)

震度6程度まで耐えられると書いてあったので、施工や設置箇所に問題が無ければ大丈夫かと思います。

 

では。

この記事をシェアする:

この記事のカテゴリー: ブログ